K(ケイ)・ヴィントナーズ カベルネ・ソーヴィニヨン 

K(ケイ)・ヴィントナーズ カベルネ・ソーヴィニヨン "オヴィド(ジャックス・ヴィンヤード)" ワラワラヴァレー [2015] (正規品) K Vintners Ovide

  • モデル: 86252f68b736bf50
  • 在庫状況:在庫あり
  • 7,633税込
数量:

商品情報

■五年ぶりの復活!…でいきなりの最高傑作完成。
【K Vintners Cabernet "Ovide" Walla Walla 2015】

─ ≪限定品≫ 日本限定60本 ─


リスト非掲載の裏メニュー。貴重なカベルネ系の最強コスパ品。
『キング・コール』『ザ・クリエイター』 など、チャールズ・スミスが手掛けるカベルネ系アイテムには弩級ボトルが並びますが、その分お値段も極めて高額。

しかしながら、Kには税込みでも万円切り入手可能で、しかも【95点】複数回奪取という、ひっそり造られる、隠れヴァリュー・レアが存在します。それがこちらの 『オヴィド』…インポーターの取り扱いリストにも載らぬ、所謂「K裏メニュー」にあたるワインの一つです。

最新’15年到着も、日本正規輸入は国内総数で≪5箱≫のみとのこと。これはかの 『ロイヤル・シティ』 よりも少ないです…。名称はチャールズ・スミスの父の名、ロバート・オヴィドから。昨年は税込みで万円超えしてしまいましたが、今年は税込みでも万円切り♪



上記のように毎年高い評価を受けており、この’15年も【JD95/RP93点】を獲得。史上最高傑作となりました。ただ、上記画像にて、品質の高さ以外に気になる点がふたつ…。

ひとつめは果実の出所。そう、’09年までは、かの 『カユース』 が誇る 『アン・セリーズ』 からの単一畑として仕込まれていました。カユースからのアン・セリーズといえばシラーのイメージしか無いかもしれませんが、実はカユースの 『フライング・ピッグ』『カマスペロ』 という二大ボルドー系ボトルの母体こそがアン・セリース。ここからのフルーツを外部から調達していた先こそがKでした。

気になる二つ目のポイントはヴィンテージ・スキップで、’10年から’13年までの空白の四年間が存在します。その理由は想像する他ありませんが、カユースがもしフライング・ピッグやカマスペロの増産に向った…と考えるならば、畑の拡張か変更、外部出荷への制限のどちらかを選択しなければならないわけで、ここに「品質を落とさずに」という絶対条件が加わった場合、恐らく選ばれるのは後者なのではないでしょうか。

ジャックス・ヴィンヤード

というわけで、アン・セリースからの果実供給が途絶えたためか、長らく造られることのなかった 『オヴィド』 でしたが、’14年にて、『ジャックス・ヴィンヤード』 産単一畑として四年ぶりの再来。そして’14年、’15年いずれもジェブ・ダナックから95点を連続獲得。いやはや…天晴れ!チャールズ・スミス。

この畑は嘗てワラワラの河底であった丸石の多い場所にあり、1999年にカベルネ、サンジョヴェーゼ、シラーが植樹されました。砂の層の上に砂利、その更に上を丸石が覆い、葡萄の樹勢が自然に弱くなり、結果として凝縮したフレーバーの果実が育まれます。土壌はフリーウォーターと呼ばれるローム層。

因みに 『グイド』(右画像)に使用されているサンジョヴェーゼもこの畑からの果実を用いています。

チャールズ・スミスより
「父、ロバート・オヴィドに捧ぐ。ジャックス・ヴィンヤードの小さな丸石に育てられたこのワインは、父の教科書だ。ブラックオリーブ、大地、タバコ、ドライ・ハーブ、乾燥したオレンジ・ピールなどが一点集約で山積み。始まりから終わりまで長く深い口当たり。父の語り口のようだ。」

Wine Advocate #237(2018.6)より 【RP93点

「A blend of 70% Cabernet Sauvignon and 30% Syrah, the 2015 Ovide Jack's Vineyard is wild and characterful, bursting with aromas of grilled meats, licorice, ripe blackberries, espresso roast and black olives. Rich and supple, it's full-bodied, velvety and layered, concluding with a savory finish. It doesn't boast quite the length or intensity of the portfolio's true high points, but it's nicely balanced and undeniably flavorful.」 (William Kelley)

Jeb Dunnuck (2018.4)より 【JD95点

「The 2015 Cabernet / Syrah Ovide Jack's Vineyard is named after Charles’ father and comes from a site next to River Rock, both in the Rocks region of the Walla Walla Valley. A blend of 70/30 Cabernet Sauvignon and Syrah, its deep ruby color is followed by a terrific bouquet of blackcurrants, tapenade, dried earth and dried herbs. It's rich, full-bodied, and concentrated, with beautiful depth.」

品種構成はカベルネ70%にシラー30%。ブレンドや価格的には 『キング・コール』 の弟的ポジションにも見えますが、1エーカーあたりの収量は1.8トンと、実はこちらのほうが低収量だったりもします。

Kの他ワイン同様、手摘み収穫。カベルネは果粒のまま、シラーは全房で天然酵母を使いて発酵。43日間スキン・コンタクト。新樽比率35%のフレンチ・オークにて22ヶ月の樽熟成(シュール・リー)。

流通皆無、破壊力抜群のKカベルネ系の懐刀。

【WAS】
■ジェブ・ダナック95ポイント
■パーカー監修アドヴォケイト誌93ポイント